江東区の心療内科/精神科【浅川クリニック】菊川・森下駅最寄り。うつ病,パニック障害

江東区、精神科、心療内科

院長コラム

  • 診療メニュー
  • うつ病
  • パニック障害
  • 不眠症
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • もの忘れ外来
  • 発達障害
  • リワークデイケア
  • 一年を通じての病気について
  • 院長コラム
  • メディア情報
浅川クリニック

一家を破滅させる「孤独病」⑥

一時的に記憶喪失障害を起こすテクノストレス症候群

精神科、メンタルクリニックを受診したら、次に、治していく経路の説明を受ける。それによって、通院なのか、長期休職なのかが決まる。

浅川クリニック

コンピュータばかりに向き合う仕事をしていると……、脳の疲労によって、一時的(数秒間)に頭の中が真白になり、記憶が飛んでしまう。一時的記憶喪失障害が起きる「テクノストレス症候群」もある。
数秒間なので、記憶喪失にかかっていると、誰もが思わない所に、大きな落とし穴がある。
室内にいる時は、問題は大して起こらないが、帰宅中、車を運転する人にとって、数秒間は命の危険にさらされてしまう。
一時的記憶障害でも、数秒で元に戻る。痛みがない。ただ「強い疲労感」はある。だから放置しやすいと言える病気のひとつである。
「変だなあ~」と思ったら、テクノストレス症候群を疑い、専門医に相談してみよう。

浅川クリニック

「コンピュータや、TVゲーム機械の世界にどっぷり長時間つかってしまう」と脳疲労が起こる。
体を守ろうとして、脳内にある海馬のヒューズがとぶ仕組になっている。その時に、人によっては、数秒間記憶が飛ぶ。人によっては、一時的記憶喪失を起こす。
ひどい時は、三日間記憶が戻らないような一時的記憶喪失に陥ることもある。
この場合、絶対安静にしよう。
このように、痛みを感じない心の病は、命取りの事故、事件に発展することが多い。

浅川クリニック
浅川クリニック
浅川クリニック
pagetop